So-net無料ブログ作成
検索選択

淀は遠かった。 [雑談・雑感・ひとりごと]

昔はホームやったんです・・・・・( ̄ェ ̄;)



Kyoto01_Shinzan.jpg(photo : シンザン像とスタンド)


随分前から「淀に行こう」と思ってたんですが・・・・・

「今年行けなかったね」

「今年行けなかったね」

やっぱり行けなかったね」

で、早や何年・・・・・。





前回じゃなくて、前の前に淀へ行ったのは明確に覚えてるんです。
それは・・・・・「河内洋」の引退式があったから。

現調教師の河内洋騎手が、王子さまさながらに馬車に乗って登場するという驚愕のパフォーマンスを披露した、あの時です。

DSC07322.jpg河内洋最終騎乗の記念馬券があったハズ。
(引退の日の最終騎乗で1人気なのにM騎手が勝ったあのレースっす)

以前にも紹介した、その時の記念馬券を見直してみると・・・・・2003年2月23日

( ̄ω ̄;)

もう11年9ヶ月も前ですやん・・・・・


んー、で前回がいつかなんですが、全く覚えが無いんです。
が、馬の写真を撮るようになる前であることは確実です。
淀で写真を撮った記憶が一切無いっすから。

最初の50Dを使いだしたのが、2009年の夏なんで、少なくとも5年。
まあ、どう見積もっても7~8年ぶりの京都競馬場という訳です。

でも今でこそ(園田以外では)阪神がホームですが、昔は淀がホームやった頃もあったんですよ。
20歳から30過ぎまで11年ほど勤務地が高槻でして、その頃、茨木市民のち高槻市民やったんですね。

茨木市民・高槻市民なら自然、淀がホームになりますよね。
だから今回、西宮から、実家のある伊丹を抜けて、茨木、高槻、淀とわざわざ一般道走って行きました。
1時間40分ほどかかりましたが、懐かしい風景の連続に退屈するヒマも無かったです。

さて、途中、大山崎あたりの余りの激変振りに驚きながらも淀到着。

京都競馬場の駐車場は昔のまんま。
ホッとすると同時に、冬枯れの駐車場の景色見てオーバーラップしたのが、金杯で大負けした時の記憶。
たしか勝ち馬がホワイトアローやったなー・・・・・と、思て調べてみると1992年、22年前でした。

( ̄ー ̄;)

レース結果見るとヤマニンシアトルが1人気で、豊のムービースターが2人気やったんですね。
ラッキーゲランにナイスナイスナイス、ツルマルミマタオーにユートジョージ、レッツゴーターキンなんて12着で、誰がこの年の秋の天皇賞馬に輝くと思たでしょう・・・・・でも今見てもいいメンバーの金杯でした。

個人的には、2着のミスタースペインが激しくツボでした。

閑話休題。


Kyoto02_RiceShower01.jpgさて、我々世代が久々に淀に来たとなれば、まずもっていかなければいけないところがあります。

オグリキャップ世代の方々には忘れられない「孤高のステイヤー」に会いに。


ライスシャワー碑への入り口には、一際見事な紅葉があり、その鮮やかさに眼を奪われますね。




Kyoto03_RiceShower02.jpg石碑へと続く、つづら折の石畳。

私の前に20歳過ぎぐらいの2人連れが、この道を歩いていましたが、漏れ聞こえてくる会話は「ライスシャワーって?、馬?」、「知らん。」・・・・・

淀の4コーナーにライスシャワーが散ったのは1995年、もう来年で20年になるんですね。

ライスシャワーは20過ぎのお兄さん達が2つか3つの頃の活躍馬、自分からすればシンザンぐらいに当ります。


そう思えばムリもないですよね。

でもこうして石碑を見て、ブルボンの3冠を阻止し、またマックの天皇賞(春)3連覇を阻止した「孤高のステイヤー」がいたことを知って、より深く馬の魅力に触れるキッカケになればいいのになと思います。

そんな事を思いながら碑まで行き、久々にライスシャワーに手を合わせてきました。

ちょうどこの日のメインは京都2歳S。
未来ある若駒を見守ってくれるといいですね。



・・・・・で、京都2歳ステークスの写真は?


Kyoto04_TirNaNog.jpgいや、この馬撮りにいったんですけど・・・・・







Kyoto06_BellLap.jpg勝ち馬が写ってたのはコレだけで・・・・・







Kyoto05_DanonMajor.jpgがっつり2着馬ばっかりやったり・・・・・








我ながら京都まで行ってコレはツラいです。
ただでさえ遠い淀が、益々遠く感じる帰り道でした・・・・・( ̄_ ̄|||)

でも久々の淀、満喫。^^
次の阪神開催で、またがんばります。



nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

ヤマネコ

偶然とは続くものですね。
僕もずっと高槻市民でした。

ブライアンの菊の時はまだ高校生で
夜中にチャリ走らせて淀まで行きました。

ライスシャワーも目の前で散ってしまいました。
そうですかぁ。
もう知らない若い人がいるんですね。
僕の中ではずっと色褪せない記憶なんでなんだか驚きです。
by ヤマネコ (2014-12-03 15:25) 

sonodaya

> ヤマネコさま

コメントありがとうございます。
ティルナノーグは残念でしたが、淀へ行くいいきっかけになりました。
ありがとうございます。

そうですか、高槻市民でしたか。
私は当時奈佐原の公団に住んでいて、南松原町にあった会社へ行っていました。
懐かしい思い出です。^^;

あの宝塚記念から、もう20年とは早いですね。
でも、あの頃からの競馬ファンの中では生き続けていますね。
忘れずにいたいと思います。


by sonodaya (2014-12-03 22:41) 

ルン

ライスシャワーって、ほとんど名前しか知らないのですが
sonodayaさんの書き方に、ちょっとジーンときてしまいました。
今から少し調べてみたいと思います。

あと
このライスシャワー碑は、お墓ということではないんですね?

by ルン (2014-12-05 16:38) 

sonodaya

> ルンさま

コメントありがとうございます。

>> このライスシャワー碑は、お墓ということではないんですね?

そうですね。
石碑なので、記念碑になるでしょうか。
お墓は故郷のユートピア牧場にあると聞いています。
それでも淀のライスシャワー碑には、鬣とかが納められているらしいので、ここを訪れる人が絶えないんだと思いますね。

世間的には仇役でしたが、私にとっては仇役ではありませんでした。
いずれ機会があれば、そんな話もいたしましょう・・・ってそんな大した話ではありませんが。^^;;;


by sonodaya (2014-12-05 18:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。