So-net無料ブログ作成

あれから一年。 [雑談・雑感・ひとりごと]

3月28日です。



ヤエノムテキが亡くなって一年が経ちました。
気付いたら、もう一年て感じです、早いですね。

今日、地元阪神では毎日杯、今も昔も東上最終便です。

ムテキも毎日杯に出走していて4着、初めてオグリキャップと走ったレースでした。
オグリにとっては中央入り後の2戦目、タマモクロスに敗れるまで続く重賞6連勝の2勝目でした。

1988年の毎日杯ですので、もう27年ですか、連綿と続いて今に至るんですね。
競馬はブラッドスポーツでもあるんで、そうなると気になるのはムテキの血を引く馬たち。

そこで(もう直仔はいないので)BMSヤエノムテキで現役を検索してみると・・・・・

いましたよ、地方に3頭。

大井・ゲッカリョウラン(父シーキングザダイヤ) 2009年生
大井・クロヒゲ(父サムライハート) 2011年生
名古屋・ゴールドストック(父オンファイア) 2012年生

地元園田にいないのは残念ですが、名古屋のゴールドストックなんて、明けて3歳の若駒。
コソッと応援したい一頭に加えときます。

他にもいるのかもしれませんが、検索してパッと拾えたのが、この3頭でした。
少し気になるのは、この3頭が兄妹であること。

母はゴールデンレグルス(地方3戦0勝)という牝馬です。
浦和のニューイヤーカップを勝ったゴールドファルコンや戸塚記念を勝ったブルームテキもゴールデンレグルスの産駒です。

そのまた母はクインモーニングという馬で、私が競馬を始めた年に牝馬クラシックを走った馬なので覚えています。(サファイアSでヤグラステラの2着とか、少々マニアックですが・・・・・)

と、言うよりムテキと同期、牝馬ならアラホウトク・コスモドリーム・ミヤマポピーが同期になりますね。

ちなみにこのクインモーニング、1991年のWSJSのゴールデンスパートロフィー(1500万下)に出走した事がありまして、その時の鞍上が帝王・田中道夫なんです。

それこそ偶然ですし、現地で見てたと思う割りに、帝王の事は余り記憶に残ってなかったりしますが、「へぇー」と思いますね。縁とはそういうもんなんでしょう。

この系統以外に現役馬が当らないので、ひょっとすると寂しいことですがBMSとしてもラストが近づいてきているのかもしれません。

ゴールデンレグルスは1993年生なので22歳ということになります。
ファンとしては少しでもムテキの血が残ればと思っています。



IMG_1882.jpgムテキが亡くなる前年に日高へ行ったときの写真しかないので、同じような写真ばかりですが、今年はこちらをジッと見ているムテキの写真にしました。
前髪パッツンじゃないんですけど、流星の端っこの加減でパッツンに見えてかわいい爺さんです。^^

ヤエノムテキ

父 ヤマニンスキー
母 ツルミスター
母の父 イエローゴット

23戦8勝
皐月賞・天皇賞(秋)・産経大阪杯・鳴尾記念・京都新聞杯
安田記念2着・宝塚記念3着




nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ルン

パッツンムテキ、カワイイですね♡

sonodayaさん、出来るものなら飼ってみたいでしょ?
(^-^)

by ルン (2015-04-02 23:59) 

sonodaya

ウチのマンション、ペット禁止なんですよね・・・・・って、そこかい!!
ノ( ̄0 ̄;)\
by sonodaya (2015-04-03 00:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。