So-net無料ブログ作成

ホクセツサンデー [雑談・雑感・ひとりごと]

11月10日付でホクセツサンデーの競走馬登録が抹消されました。


Canon EOS 7D20115_S.jpg
ホクセツサンデー 父スパイキュール 母グレースワン 母の父タマモクロス
園田金盃 優勝時(2011年12月8日)



「ライジンと同期」・・・ことある事にこのフレーズを見た気がしますね。
ライジンには勝てませんでしたが、この馬も目を引く強さでした。

写真はこの時期でもあるので金盃にしましたが、この年の金盃は本当に思い出深いレースです。
ダイナミックグロウとタガノサイクロンに続く3人気でしたが、レースでは先行からダイナミックグロウを競り落として快勝、直線で声の出るほどの嬉しい勝利でした。

sonodayaはオグリキャップ世代ではありますが、どちらかと言うとタマモクロス贔屓だったので、ホクセツサンデーの芦毛にタマモクロスを見る思いで特別なものがありましたね。

blogのトップイメージはサンデーが兵庫で勝った最後レースにしようかと思ったんですが、これが2013年の摂津盃で金盃と同じく永島騎手が鞍上でしたので、やはり「木村騎手騎乗のサンデーを・・・」と思い、木村騎手が騎乗して最後に兵庫で勝ったA1戦(ネオティーズ杯)の写真を選びました。

6歳の11月から7歳の12月まで長い休養があって、その後は厳しい結果となり兵庫での復活かなわず高知へ移籍になりましたが、通算67戦25勝(重賞5勝)本当によくがんばりました。

今後の事は全く知らないのですが、第2の馬生に幸多かれと祈らずにはいられません。
大井のボンネビルレコードのようになってくれたら最高なのですが・・・。


でも、本当におつかれさまホクセツサンデー。



コメント(2) 

コメント 2

ルン

sonodayaさんの文章に、ただただ泣けました。
サンデー、本当にお疲れさま。
これから先も、末永く、明るい陽の当たる馬生を過ごして欲しいと心から祈ってます。
ありがとうサンデー、また逢おうね(T_T)/

by ルン (2017-11-16 23:44) 

sonodaya

> ルンさま

コメントありがとうございます。
先生やルンさまにとって、最も思いいれのある特別な馬だったでしょうから心中お察し致します。
私も多くのお気に入りの引退を見てきましたが、慣れるものではありませんね。ただただ幸せな余生をと祈るばかりです。


by sonodaya (2017-11-17 08:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。