So-net無料ブログ作成

第55回 六甲盃 [Race Photo]

sonodayaです。
六甲盃に行ってきました。


このところ園田では70-200を使ってる事が多かったんですが、先日阪神に行ったときの300がそのままだったので、なにげにそのまま園田に行ってしまいました。

六甲盃は、なかなか良いレースで楽しませてもらったのですが、写真がチョットねぇ・・・。
杉浦Jのガッツポーズが印象的だったのですが、長すぎて、デカすぎて・・・( ´△`)アァ-という感じでございました。

そんなこんなでキーボード打つ手が進まないんですが、書かないのもアレなので軽めにしときます。


年に一度の長距離祭り。
この六甲盃でしか実施されない2400mのダート戦にフルゲートとなる12頭が集まりました。

1人気はキクノソル。
前走ダートグレードで4着やし、元はJRAのオープン馬やし、さすがに順当かなと思いましたが、蓋を開けてみればまさかの+18。それが単2.2の微妙な数字に表れていた気がします。

2人気はエイシンホクトセイ。
昨年の4着馬が、正月の新春賞2着の後、A1勝っての臨戦だけに順当なところでしょうか。

3人気はアサクサセーラ。
こちらは昨年の2着馬で、新春賞は8着でしたが、前走A1を勝って復調気配。

以下、4人気がノブタイザン、5人気がアサクサポイントと続いていました。



IMG_17849.jpgアサクサセーラが逃げて、マルカラインが2番手。
人気のキクノソルは後方でしたが、1週目の向正面で動いて2度目のゴールライン通過時には3番手、2週目向正面で仕掛けて3角ではもう先頭という競馬。
一瞬このまま楽勝かと思いましたが、直線で脚色が鈍り、そこへ差してきたのがノブタイザン。

末脚一閃、ラストは1馬身突き放して一昨年のダービー以来の重賞勝ちを飾りました。



IMG_17866.jpg
ノブタイザン 父 ディープスカイ 母 ユウターマライア 母の父 ダンスインザダーク


ついついマイタイザンと書きそうになりますが、どうしてどうしてノブタイザンもこれが重賞3勝目。

後ろからのレースが身上だけに、着順的には少しムラですが、2歳時のジュニアカップ、3歳時の兵庫ダービーと大舞台の成績は順風満帆。ところが昨年は条件戦を抜けるのに苦労し、その中で姫山菊花賞10着、園田金盃5着という成績でした。

それが今年に入ってA2・1着→A1・3着ときて、今日の六甲盃勝ちですので、陣営にとっても嬉しい復活となったのではないでしょうか。


IMG_17856.jpgこちらは1人気で2着だったキクノソル。

レース後の学Jのコメントを見ると、+18kgは気にならなかったみたいですね。

それよりも佐賀のレースでソラを使うようなところを感じたらしく、一気に突き放す作戦に出たら前回よりも止めてしまう面が出たとのことで、チョット難しそうな馬という印象ですね。



IMG_17905.jpgIMG_17994.jpg

杉浦Jのこういうファンサービス、嬉しいですね。
六甲盃優勝、おめでとうございました。



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。