So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

第56回 のじぎく賞 [Race Photo]

GRANDAME-JAPAN 2018 3歳シーズンも、のじぎく賞が終れば関東オークスを残すのみ・・・



実は、明日のナイターも少し顔を出す予定のsonodayaです。

「連闘なんていつぶりやろか?」という感じですが、「来ない」と思っていた仕事が来たりして、言うほどヒマな訳ではありません。

むしろ時間の割り振りに一抹の不安が残ってるぐらいなのですが、「なるようになるやろ」という事で、今日・明日と現実逃避モードであります。

とはいえ明日はナイターなので、夕方までは全開でお仕事しよかなとは思っております。


さて、のじぎく賞。

グランダムの第7戦ですが、今年はバタバタしてあまり見ていませんでした。
地元のレコパンハロウィーが2位に付けていたんですね。
首位は北海道のエグジビッツ。

のじぎく賞の人気も1人気・エグジビッツ、2人気・レコパンと、ここまでの人気どおりでした。
しかしながら勝ったのは・・・


IMG_21397.jpg

IMG_21407.jpgトゥリパ
 父 カルストンライトオ
 母 シーフェアリー
 母の父 ユートカイザー

通算13戦2勝(2-3-3-5)

主な勝鞍:兵庫若駒賞・のじぎく賞




2勝馬で、その2勝が共に重賞というのも珍しいですね。
馬主さんは、皆さんご存知のとおり橋本忠男・元調教師です。

2走前の若草賞へ遠征した時に-17kg(放牧で減って帰ってきたそうで・・・)、前走の菊水賞時が+11kg。
記憶が定かではないのですが、橋本先生が「体が戻ってきた」というような事を仰ってたような気がします。(漏れ聞こえただけですが・・・)

その菊水賞が、後ろからの競馬になり良いところなく10着・・・
このところの成績から、今日の10人気も仕方のないところでしょうか。

それでも今日はゲートを決めるとハナへ、道中早目に進出してきた大井のアクアレジーナにハナを譲るシーンもありましたが、直線でこれを振り切って優勝、強い競馬でした。

体さえ戻れば、これぐらい走るよ・・・と橋本先生が仰ってそうで、プロはスゴイなと思う次第です。



IMG_21376.jpg2着には大井のアクアレジーナ。
正直、パドックで一番良く見えたのはこの馬で、ご一緒していた方も「いいですよね」と仰ってたんですが、惜しい2着でした。

それでもペースを考えて早目に進出し、あわやのレースまで持ち込んだ吉原Jの騎乗もさすがでした。




IMG_21293.jpg最終的に1人気に推されたエグジビッツは、まさかの6着。
昨年当地のプリンセスカップ・3着から、金沢→笠松→水沢→名古屋→水沢と転戦し重賞ばかり走って3勝・2着1回・3着2回と安定感抜群だったのですが、今日は崩れてしまいました。

これでグランダムは2位に後退。
関東オークス行くんでしょうね。


IMG_21351.jpg今日は2人気で3着だったレコパンハロウィー。

それでも前が残るレースで、後ろからいく自分の競馬に徹して3着ならまずまずでしょうか。自分でレースを作れるタイプではないので仕方のない部分ですね。

それでもこの3着で4ptを得て、グランダム首位に躍り出ました。



IMG_21453.jpgIMG_21518.jpg若駒賞もそうでしたが、トゥリパで勝つと殊の外嬉しそうな吉村Jです。

トゥリパ関係者の皆さま、おめでとうございました。



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。