So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

第11回 兵庫サマークイーン賞 [Race Photo]

1ヶ月ぶりの園田でした。


地震以来、台風・大雨・酷暑そしてまた台風と落ち着かない日々が続いています。
競馬場へも、この暑さなのでなかなか行き辛いというのはありますが、個人的に少し忙しいこともあり6月21日(園田FCスプリント)以来の園田となりました。

夕方まで梅田で仕事があったので、6時過ぎに競馬場到着。
蒸し暑いのを覚悟していましたが、台風のせいか風もあり、空気も幾分乾いている感じもあり、ちょうど良い夕涼みと言った風情でした。

レースの方は、ご存知のようにディアマルコが同一重賞3連覇を達成しました。


IMG_24360.jpg
IMG_24372.jpgディアマルコ
 父 スパイキュール
 母 エコパン
 母の父 ツルマルボーイ

通算45戦 20-8-4-13
主な勝鞍:重賞8勝 (のじぎく賞・高知優駿・兵庫サマークイーン賞 [3回]・黒潮菊花賞・土佐秋月賞・佐賀ヴィーナスカップ)



兵庫では5戦して4-1-0-0。
2016年の西日本ダービーでマイタイザンの2着に敗れていますが、これは牡馬が相手。
のじぎく賞を含め、園田の牝馬限定重賞では4戦無敗というパーフェクトな戦績。

さらに2016年はクビだった着差が、2017年は3馬身となり、今年は上の写真でもわかるように5馬身差と完勝っぷりにも磨きが掛かっていました。

地元馬の完敗は残念ですが、これはもう見事というしかありませんね。


IMG_24345.jpg1人気に推されたステップオブダンス。
関東オークス3着など実績は最上位でしたが、今回は今年2月のエンプレス杯以来の実戦。

1人気は少し厳しかったでしょうか。
それでも5馬身離されたとはいえ2着確保は褒められて良い内容でしたね。

園田で森泰斗騎手を見ることはなかなかないですね。


IMG_24342.jpg2年前のこのレースでディアマルコとクビ差の争いを演じたトーコーヴィーナス。
実績ならステップオブダンス以上のものがありますが、最後に勝ったのが2年前の9月(秋桜賞)、最後の連対が昨年6月の地元A1戦で、その後は4戦で長い休養も挟んでいます。
今回もハナ切りましたが、良い頃の粘りもなく離れた最下位でした。どう書けばいいのか、ちょっと言葉が見つかりません。


IMG_24423.jpgIMG_24644.jpg

思えば、ひと月前に来た時(FCスプリント)もこのコンビだったなと思い確認したら、調教師・騎手のみならず、馬主さん・生産牧場さんまで同じじゃないですか。

いやはや脱帽です。
関係者のみなさまおめでとうございました。


地元勢もがんばらなアカンですね!!


コメント(2) 

コメント 2

ルン

ヴィーナス……。・゜゜(ノД`)
by ルン (2018-07-28 20:30) 

sonodaya

> ルンさま

言うても、まだ6歳。
復活を信じて待ちましょう。


by sonodaya (2018-07-28 22:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。