So-net無料ブログ作成

第57回 のじぎく賞 [Race Photo]

グランダムジヤパン 3歳シーズン 第7戦


のじぎく賞を制したのは、7人気のチャービルでした。


IMG_38559.jpg
チャービル 父シニスターミニスター 母チャームウィーク 母の父スペシャルウィーク


IMG_38554.jpgIMG_38570.jpg

IMG_38580.jpgIMG_38606.jpg


逃げる2人気・アヴニールレーヴと、これをピッタリマークしたグレースレジーナ(大井)が、引き離しぎみに前へ。

3角手前から1人気・リリコが動き出すも、なかなか前との差は詰まらず。
直線に向いてグレースレジーナがアヴニールレーヴを競り落として、勝ったかと思ったところ、外から強襲、11戦目にして重賞勝ち馬にまで登りつめました。


IMG_38480.jpg2着に敗れたとはいえ、強い競馬内容だった大井のグレースレジーナ。
3/4馬身差をつけられたとはいえ、積極的なレース運びで2人気を競り潰し、あわやの内容は褒められて良いものだと思います。
鞍上の藤本現暉騎手は2015年のデビュー。昨年は29勝だったようですが、今年はすでに20勝。キャリアハイは確実で活きの良い若手といったところでしょうか。ナイス騎乗でした。



IMG_38621-2.jpg変わって12年目で重賞2勝目。(重賞初勝利は2016年・トレノ賞 [高知] )
待望の地元重賞初制覇となった中田貴士騎手。

勝利ジョッキーインタビューでは、抑えて抑えて話されていたように感じましたが、嬉しかったでしょうね。心よりおめでとうございますとお伝えしたいところです。

今日は仕事の都合で出遅れて、結構遅い目に競馬場へ行ったのですが、この人の初地元重賞を撮れて良かったです。(危うく内の2着馬撮りそうになったけど・・・)



チャービル号関係者の皆さん、おめでとうございました。






コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。